スポンサーサイト

  • 2010.08.11 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「義賊」を許容してしまう文化なのでしょうか。

レコ協、違法着うた配信の4人に賠償請求
先日の件の続報ですが、やはり民事での責任も追及されるようですね。当然といえば当然なのですが。

権利者に無断で着うたを配信した疑いで逮捕・起訴された4人に対し、レコード協会の会員19社が計1900万円の損害賠償を請求した。

 とのことで、平均すると1人500万円弱でしょうか。何をもって「普通」と言うかにもよりますが、それでも世間一般のサラリーマンであれば、簡単に支払える額ではないでしょう。少なくとも音楽を作成しているクリエイターに悪意があってやったのではないでしょうが、良かれと思ってやったから、で許容できる損害額とも言い難いようにも思えます。

 もちろん現状の「着うた」ビジネスにも問題点はあると思います。携帯の機種を変更した時に移動できなかったり、そもそも単価が高いのでは、という批判もあります。(CDの頒価が2000円で10曲ぐらい入ってるアルバムは比較的よく見かけますが、単純に按分すると1曲200円、それと比してもそこまで値段が変わらなかったりする「着うた」は確かに「割高感」は無くもないでしょう。)

 ただ、だからといって無料で配布してしまうのは歴とした違法行為ですし、それを許してしまうと「金持ちを襲撃して金を配ればいい」という、昔の一揆と同レベルになってしまい、流石に法治国家に住む人としてそういう行為を肯定するわけにはいかないと思います。
 それにしても、ダウンロードしていた人は何を思ってダウンロードしていたのでしょうか。違法だと知っていたのであれば法的には兎も角、倫理的な責任というものが発生するようには思えるのですが。また、こういった違法サイトをどう見ていたのかも気になります。手放しに「良いサイトだ」と思っていたのでしょうか。
 いわゆる「義賊」という考え方は、小説などでは痛快ではありますが、現実にやってしまえば「犯罪者」として扱わざるを得ないのです。「義賊だから」という理由で許容してしまうのは、「どこまでが違法行為か」という線をあやふやにしてしまい、逆に一般の人を危険に晒すことにも繋がりかねないのですから。

携帯電話向けに違法にアップロードされた音楽ファイルの推定ダウンロード数は4億700万で、「音楽配信市場の健全な発展の阻害要因となっている」としている。

 前述したように、現在の公式な配信が「健全」と言い切れるのかどうかはやや疑問(法的に健全なのはほぼ間違いないでしょうね。)ですが、流石に違法サイトが大手を振って配信を続けるような状態が解消されるのは良いこと、と思うべきなのでしょうね。

改善が期待……できるのでしょうか?

グーグル辻野新社長が会見 「透明な存在から“日本のGoogle”へ」
 未だに改善されていない部分もあるGoogle StreetView問題ですが、この記事を読む限りでは、
プライバシー問題が指摘されているGoogleマップの「ストリートビュー」機能については「お騒がせしている。意見は真摯(しんし)に受け止め対応していく」とコメントした。

 とのことなので、改善を期待したいと思います。・・・思いたいのですが、果たして大丈夫なのでしょうか。

 といいますのは、以前に、この辻野氏が、Google StreetView日本版について、プライバシー侵害や私有地での撮影などの、何かしらの権利侵害が発生してしまっている画像の削除方法について取材に答えた記事です。
また、「インターネットが利用できず、問題となる部分も自分では確認できていないが、自分にとって不都合のある画像が掲載されていることを知人などに聞いた」というような場合は、消費者センターや地域の行政窓口に連絡して、削除手順を確認した後に、グーグルに連絡を取るという方法もある。

 という記述が最初にあり、その後
10月3日 16:30更新 記事初出時、「消費者センターや地域の行政窓口に連絡し、代理で画像を確認してもらった上で、グーグルに連絡を取ってほしいとしている」と表記していましたが、その後の追加取材で、グーグルではそのような案内をしていないことを確認いたしましたので、訂正してお詫び申し上げます。

 という追記がなされていますが、セキュリティの専門家である高木氏のblogの記事によれば、Google日本法人の電話担当者は「行政窓口に連絡して〜」という方法を認識していたとも思える状態です。
 であれば、この「グーグルではそのような案内をしていないことを確認いたしましたので」というのは、どうも信用に足る情報ではないように思えます。むしろGoogleが「無かったことにして」と言ったのではないか、と考える方が自然なように思えてしまうのです。

 新しいサービスを打ち立てていくこと自体は否定しませんし、むしろ素晴らしいことだと思うのですが、こういったいい加減さで信用を失っていくことが無いことを祈るばかりです。

著作権を保護されるべきは

著作者検索ポータル、権利者団体が開設 保護期間延長は「金の問題ではない」

 非常に気になる記述があります。
同協議会は2006年、著作権保護期間の50年から70年への延長を目的に設立し、文化庁などに働きかけてきた。ポータルサイトは「保護期間が延長されれば使用許諾が必要な作品が20年分増え、2次利用が行いにくくなる」という問題への解決策として、07年8月に開設を発表していた。

 といいますが、結局のところ
発表時は権利者の氏名や連絡先、生年月日、著作物の作品名などを網羅したデータベースにすると説明していたが、完成したポータルで検索できるのは、一部の権利者の所属団体のみにどとまった。

 という、ちぐはぐな結果です。

 データベースとして不完全なことは兎も角として、問題はむしろ、
背景には、権利者団体によってポータルサイトへの考え方が分かれ、議論がなかなかまとまらなかったり、所属権利者のデータを整備できていない団体があったり、「音楽関連の作家は99%団体に所属しているが、文芸は100%にはほど遠い」(瀬尾さん)など権利者団体に所属していない権利者が多い――といった事情があるという。

 この辺、でしょうか。
 音楽関係の作家、と言い切りますが、日本でもインディーズや、同人の音楽や個人サイトで音楽を公開する人、駅などで自作の歌や楽器を演奏しているような「プロではないけれども音楽を作っている」人も大勢いるはずです。そういった人を除いて「99%」ということはまずあり得ないでしょう。
 つまり、彼らの目的は「著作権が保護されること」ではなく、「権利者団体の関係者の著作権が保護されること」でしかないのです。
 そういった「一部の人」だけの思惑で、
同協議会は2006年、著作権保護期間の50年から70年への延長を目的に設立し、文化庁などに働きかけてきた。

 というように、法律を変えようという動きに出るから世間の賛同が得られない面があるのではないでしょうか。(もっとも、彼らにとって世間の賛同は「どうでもいいこと」なのかもしれませんが。)

「欧米では70年に延長されているのに日本だけ50年で切れている。アルベール・カミュやアーネスト・ヘミングウェイ、谷崎潤一郎、江戸川乱歩がもうすぐ死後50年を迎えるが、カミュやヘミングウェイの著作権保護期間はあと20年残り、谷崎や乱歩は切れる。谷崎や乱歩が、カミュやヘミングウェイに劣るとは思っていない。日本だけ保護期間が短いのは、創作者としてたいへん残念だ」

 これも理解しがたいです。著作権保護期間が切れたからといって自分の作品でなくなる、というわけではありませんし、作品としての価値が下がるわけでもありません。(そもそも保護期間は「死後」なのですから。)
「延長しても利益が出る著作物は限られている。金銭的な利益のために保護期間の延長を求めているのではない、プライドの問題だ」

 と言いつつ、実際には「権利として保護され、金を生み出すか生み出さないかの違い」だけで判断しているから「カミュやヘミングウェイの著作権保護期間はあと20年残り、谷崎や乱歩は切れる」ことに対して「谷崎や乱歩が、カミュやヘミングウェイに劣る」という言い方になっているようにしか見えないあたり、支離滅裂な感じしか受けないですね。「作品の価値」と「保護され、遺族や権利者にお金が支払われるかどうか」は、芸術としての価値とは無縁なのですから。

仕組みを無視して目的から入る話

ネット上の違法・有害情報にR指定制度--総務省の検討部会が提言
という記事より。

 趣旨は理解できなくもないのですけれども・・・。
続きを読む >>

宣伝効果とユーザーの反感

民放も「アナログ」マーク常時表示スタート
という記事より。

2011年7月に迫ったアナログ放送の終了を周知するため。

という気持ちは判らなくもないのですが、

アナログ放送の画面右上に「アナログ」マークの常時表示を始めた。

という方法に、どれだけ効果があるのか疑問です。

 アナログ放送の終了を認識している人から見れば邪魔なだけですし、そうでなくとも、ニュースなどの報道番組は兎も角、映画などをテレビで見る人にとっては邪魔なだけであり、テレビというメディアの価値を下げる行為になりかねません。(「アナログ」マークが嫌だからテレビでの視聴をやめてDVDをレンタルしてくる、等)

 地上波デジタルへの移行なども含めて、どうもテレビ関連については、政府もテレビ局も「提供してやってる」という意識が強い気がします。NHKを除く民放は広告費で賄っている以上、ある程度は仕方ないかもしれませんが、政府がやることの財源は税金ですし、民放であっても「広告を見て貰う」という対価を受け取っている以上、一方的な態度で臨むのはいかがなものかな、とは思うのですが。

 ちなみに、私が住んでいるマンションでは、近くのビルの影響で地上波デジタルは入りません。(東京23区内ですら、そういう場所はあります。)
 そういった場所・地域へのフォローもないまま、既存の放送は「見れなくなる、買い換えろ」と脅すようでは、テレビ離れはどんどん加速していくだけではないでしょうか、という気がします。私の個人的な意見では、別にそれはそれで構わないのですが……。

「足あと」機能の意味

mixiに「足あと」削除機能より。

 削除回数は1ヶ月に10回まで、ということで無制限に削除できるわけではないようです。機能の趣旨としては、
意図しないユーザーのページを訪問した際は、自分の足あとページ上で削除ボタンを押せば、相手のページから自分の足あとを削除できる。

ということらしいのですが、いまいち目的が見えません。

 そもそも「意図しないユーザーのページを訪問」というのがどれだけあるのかが疑問です。私自身、mixiをしっかり使い込んでいるわけではない(2〜3日ごとにログインする程度)ので知らない部分もあるのかもしれませんが、それでもmixiのコンテンツ内で意図しないユーザーページを訪問してしまうことはあまり無いのではないか、という気がします。
 もちろんコミュニティ機能や、知人の日記などを閲覧している時に、誤操作でページを開いてしまうことはありますが、それを「消したい」と思うような相手ではないからです。(知人の知人や、同じコミュニティの人がすべて近しい人とは決して言えませんが、自分の「足あと」を積極的に消す必要のある相手は居ないと思っています。そもそも、そういった「知人同士の繋がり」や「コミュニティでの繋がり」を促進するのがSNSだと思っていますから。)

 とすると、間違って開いてしまって問題になるのは外部ページなのかな、という気もしますが……。こればかりはどのような問題が発生しているのかいまいち判りません。ただ、mixiの場合、自分のページのアクセス数を伸ばすことにあまりメリットは見あたらないように思えます。(精神的な満足などは兎も角、ですが。)
 ですので、悪戯などで誰かのページを見てしまう、という行為がそこまでマイナスにはならないように思えるのです。強いて言えば「どこか会員制サイトなどでいきなりリンクを開いてしまい、それによって会員制サイトのIDなどとmixiのIDが紐付けられてしまう」という危険性があるぐらいでしょうか。

 mixiの場合、もともとは「足あと」は誰もがつけたりつけられたりしていたので、「誰に見られているか判る」という部分がある程度、安心感に繋がっていたのではないかと思います。もちろん足あとがあれば全て安全かといえばそんなことはありませんし、足あと機能を利用してスパムまがいの行為を行う人も居ますが、兎も角も「自分の情報を見た人」は特定できたわけです。
 ところがこういった機能を実装することで「誰に見られているか判らない」状態を作ることになるのですが、それが果たしてどこまで必要性のあることなのか疑問です。「誰に見られているか判らない」上に、将来的には会員登録は自由にでいるようにする、となると、もはやSNSというよりはポータルサイトに近づいていく気がするのですが……サイトの方向性がいまいち見えなくなってきた気がするのは私だけ、なのでしょうか。

 mixiの(私の)トップページ。 というようなリンクから「うっかり踏んでしまう」のでしょうか。流石にここまで書いてあれば大丈夫なのでしょうけど。

憂慮すべきことは……

「ダウンロード違法化」で報告書まとまる iPod課金は「合意できず」という記事より。

 実のところ、ダウンロード違法化自体はそこまで問題ないと思います。別件逮捕などの口実にされかねない、という問題はありますが、
違法ダウンロードを行った利用者に対して権利者が法的手段に出る場合も、(1)権利者は事前に警告を行う、(2)違法性の立証責任は権利者側にある

 とあるので、当面は大丈夫でしょう。

 むしろ問題は、
(2)権利者による「適法サイト識別マーク」の推進

 ここにあるように思えます。

 言うまでもないことですが、ネット上には自作の曲や動画などをアップロードしている人も多数います。そういった人が「適法サイト識別マーク」を取得できるのかがかなり疑問です。そして、JASRAC等の団体に権利を委託していない人でも取得できるのであれば、違法サイトでも簡単に取得できてしまう可能性が出てくるため、実効性に疑問があります。逆に、JASRAC等の団体に権利を委託していない人は取得できないのであれば、そういったアマチュアの人が「適法でない」ように見えてしまい、萎縮してしまう可能性があるからです。

 ダウンロード違法化自体よりも、この「適法サイト識別マーク」のあり方について、もっと議論していかないと、著作権保護の名の下に「権利者団体以外の文化を死滅させる」という酷い結果を招きかねないのですから。

有料と無料の狭間

「大人はニコ動プレミアム会員になろう」――SF作家野尻抱介さんが“個人アピール”
より。

 ニコ動は、プレミアム会員(12月3日現在22万7000人)からの会費(月額525円)と広告料などから収入を得ているが、赤字運営が続いている。

だそうです。

 ですが、
野尻さんは「ニコ動がプレミアム会員の収入で自活できれば、わずらわしい広告もなくなる。スポンサー企業ではなくユーザーの意見が反映されるようになる。文句を言うなら金を払おう。動画作者への還元も期待できる」と訴える。

というのは、やや短絡的ではないでしょうか。

 ニコニコ動画の場合、少なくとも現状では有料会員になったところで広告は出ているわけで、一般の「無料だけど広告つき/有料にすると広告なし」のビジネスモデルとは若干違いがあります。では有料ユーザーのメリットは何かというと、帯域面で有利なサーバーを使用できる、動画の画質が良くなる、一部動画を優先的に見られる、といった部分であり、運営側にコストを強いる内容となっています。言い換えれば、有料会員になった分の収益の幾許かは、機器や回線へ投資しなければいけないので、有料会員による収益がそのまま収入になるわけではないのでしょう。

 ちなみに、最近、有料会員であっても「動画がロードされるまでに時間がかかる(重い)」という声が、少なくとも私の周囲では聞こえてきます。上記のようなメリットが享受できなければお金を払うメリットはなくなるので、今後さらに収益が減る可能性も十分にあるのではないでしょうか。

 また、広告がなくなる、については現状では希望的推測でしかありません。ニコニコ動画の側から、具体的に「あと何人、有料会員になれば広告をなくします」とアナウンスされているわけでもありませんから。「どちらが先か」という問題はありますが、現状で有料化ユーザーが増えることでこれだけ良くなる、というビジョンがオフィシャル側から示されていないのでは、有料会員の増加は難しいと思います。


 ところで、ニコニコ動画を運営しているニワンゴの取締役であるひろゆき氏は、裁判で負けて出た賠償金支払い命令について、「刑事的な罰則がないから」という理由で支払っていないようです。

 倫理的に正しいかどうかは別として、確かに「支払わないことへのリスクが少ない(ない)から支払わない」というのは現実的な回答ではあると思いますが、そのような考え方をする人が、自分が取締役を務める会社のサービスについて「支払わなくてもニコニコ動画は見れるから支払わない」というユーザーが多いために黒字化できない、というのであれば、ビジネスとして先を読めていなかった、と言わざるを得ない気がします。

業者対策も必要ですが……

Microsoft、海賊版販売業者を各国で提訴
より。

 この数カ月、Microsoftには「Blue Edition」呼ばれる偽造品の販売網を巧妙に組織し、ソフトウェアの割引販売と称する不法行為を企てようとする、新たなタイプのオンラインオークション詐欺の被害を受けた消費者からの苦情が寄せられていたという。

とのことですが、必要な対策はそれだけなのでしょうか。

 Yahoo!などのオンラインオークションを見ていると、希に「正規品ですがIDがついていません」と書かれていたり、あきらかにCD-Rに焼いたメディアの写真が掲載されている品物が出品されていたりします。或いは出所の不明な「プロダクトキーのみの販売」が行われていたりもするようです。(プロダクトキーのみの販売に必ずしも問題があるとは言いませんが、正規製品での販売体系とは明らかに異なる上に、不正使用にならないかどうか、安全性の確認ができないことを考えれば「危険な商品」である、とは言えると思います。)

 そういった出品者の存在を考えると、「少なくとも、あからさまに怪しい出品者」の特徴をもう少し広く宣伝したほうがいいように思えます。もちろん不正コピー製品の手口はどんどん巧妙になってきているようで、特に中国などでは正規版と区別のつかないような海賊版も出回ってはいるようですが、それでも「海賊版の特徴」を常識にしてしまうことで一定の効果はあげられると思います。(逆に、それでもあからさまな海賊版を買うような人は、「悪用の意志があった」と判断できますから。)


 何にせよ、海賊版の売買行為自体が犯罪組織の資金源になっている、という指摘もあるようですし、こういったものは根絶されるといいのですが……。

大麻について考えてみる

「大麻使ったことがある」大学生は3.4% SNS「LinNo」調べ
正直に告白しない人が居る可能性を考えると、もう少し率は高いのではないか、という期がします。

 大麻自体が有害かどうか、という問題はあります。(煙草や飲酒より依存性が低い、と主張する人も居ますし大麻の取り締まり自体が政治的な理由であって、有毒性などは後付でしかない、という主張もあります。
 ですが、現状、法律で禁止されているようなものを使用してしまう人が居る限り、大麻は禁止されるべきであると思います。むしろ、本当に大麻の依存性が低いのであれば、尚更危険であると思います。何故なら、現状で大麻に手を出してしまうような人は、その「低い依存性」すら乗り越えられず、そして「違法である」にも関わらず手を出してしまっているのですから。

 もちろん、「現状で大麻を使用している人が、大麻が合法化されても大麻以上の薬物に手を出すことはない」という意見もあるかもしれませんが、現状で違法なものに手を出している人の言うことを手放しに信じてしまっていいものなのでしょうか、といったところです。そもそも、大麻には違法でもやってしまう程の魅力があるということで、たとえ合法になっても今度は「大麻を使用するためのお金を盗む」といった犯罪行為に走る可能性も考慮すべきかと思います。


 少し話は逸れますが、「コードギアス 反逆のルルーシュ」というテレビアニメが以前に放送されていました。番組自体はSFもので、あまり「リアリティ」という部分には縁がないものですが、作中で「リフレイン」という名前の麻薬が出てきます。「過去の、自分にとって幸せだった頃の幻覚を見る麻薬」という設定で、作品内の世界観(日本が大国に侵略され、植民地となっている)と照らしあわせても、麻薬として普及してしまう、ということに非常に説得力がありました。

 必ずしも全てのケースにおいて、麻薬が広がってしまう理由に社会的情勢があるとは言い切れないでしょうが、昨今、大学生の中で大麻が広がっている件について、大麻を合法とすべきか否か、あるいは健康的被害の可能性や周囲へ及ぼす影響、といった視点以外に、何故、大麻が広がってしまったのか、という点にも着目すべきかもしれません。最近、色々と社会的情勢に暗い影を落とすような話題が報道されていますが、それに引きずられて麻薬に手を出し、さらに社会が悪い方向に進む、ということのないことを祈ります。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM